NEWS&TOPICS

2017.12.22
バイオディフエンスと野池環境について-12

2017-5-12 (8)

テーマであります「バイオディフェンスと野池環境」についてまとめてみます。
野池環境においては水質が良好でミネラルと酵素がたっぷりとあるのでバイオディフェンス能力は抜群です。
一方人工池(泉水池)においては水質悪化が起きやすくミネラルも酵素も非常に少ないがために様々な悪影響が出てきます。

例えば一例をあげれば粘液も水っぽくて病原菌が侵入しやすくなります。
良質な粘液からは病原菌を固めたり洗い流す成分がしっかり出てきます。
そして何より皆様が非常に興味のある「艶テリ」が良い粘液により抜群に良くなります。

このように人工池(泉水池)を野池環境に近づける事によりバイオディフエンス能力が格段と高まってくるのです。
「これらの問題も安心してください。Shinsuke製品に!」
もうすでに多くの業者の方が取り組んでおられます。

最後に弊社の宣伝になりますが、如何に泉水池を野池環境に近づけるか?
バクテリアが住める「バイオフィルム形成」に優れたバイオスポンジを設置して定期的にBacto Powerを投与して水道水や地下水に不足しているミネラルプラスを定期的に投与し細胞の働きを活性化させるためにヘルシーアップストロングを使用して頂ければ病気に対して強く、より健康的になり成長・色艶抜群の美しい錦鯉へと成長してくれるものと思います。

疲労回復効果のある温泉と同じでヘルシーアップストロングには血液をサラサラにして各細胞にミネラル、酸素などを効率良く運んでくれるので細胞が活性化して老廃物も出やすくなります。

そしてこの度、野池にあって泉水池に無い「乳酸菌配合の酵素」を発売しました。
通常の鯉のエサには含まれていない「酵素パワー」を実感してください。
ちなみに製品名は「エンザイムストロング」です。
最後になりますが、日本全国の錦鯉生産業者、一般愛好家、海外の業者において高評価を頂いております
Shinsuke製品を今後共よろしくお願いいたします!

English Summary
動画を見る