NEWS&TOPICS

2019.03.22
質問「肌がきれいにならないのは何故か?」について-1

IMG_1050

お客様からの質問は「肌がきれいにならないのは何故か?」です。

前回の水質悪化が主な原因ですがそれ以外に血流とミネラル、酵素不足が考えられます。
意外にも錦鯉の血管はほとんどが毛細血管なのです。

その毛細血管を通じて酸素、ミネラルを各細胞まで送り込んでいるのが血液です。
細胞は生きています。
生きていくためには、酸素と栄養であるミネラルが必要です。

酸素においてはエアーレーションをしていれば問題無いように思いますが、
実は水質悪化で池の中に亜硝酸塩が出てきた時に血液の成分であるヘモグロビンがこの亜硝酸塩と結びつき各細胞へと持ち込むのです。
本来へモグロビンの役割は、酸素と結びつき細胞へせっせと送り込むのですが、ヘモグロビンは酸素より亜硝酸塩が大好きなのです。
ですから池の中に亜硝酸塩が出て来ると危険になってくるのです。

粘液細胞は、毎日活動をして新しい粘液を作りそしてそれが粘膜となります。
その活動が酸素不足やミネラル不足により弱まったり停止したら?

新しい粘液を作ることが出来なくなったり少量の粘液しか作り出すことが出来なくなります。
また水のような輝きのない粘液を作る事しか出来なくなります。
そうなれば輝くような肌を見ることは出来なくなります。
まさしく原因は「酸素不足とミネラル、酵素不足」なのです。

例として挙げれば池上げした錦鯉を泉水池に移動すると2週間くらいで艶が無くなってきます。
酷い場合には1週間で艶が無くなってきます。
何が原因なのでしょう?
野池にあって泉水池に無いものは?

English Summary
動画を見る