NEWS&TOPICS

2018.02.09
水について-5

item05

「水は大事です。」
すなわち水質は非常に大事です。
しかし多くの錦鯉飼育者はこの点を非常に安易にとらえ、ある意味無視しています。
これはとてももったいない事であると私はいつも悲しい気持ちになります。

元気な鯉の方がホルモン調節がうまく行きますし元気であれば免疫力が高まります。
従って病気になりにくくなります。
基本は「きれいな水質である」

私の元へ一般愛好家からちょくちょくと電話がかかり色々な質問が来ていますが
私の説明は「水質は調べておられますか?」から始まります。
全ての問題はここから始まっています。

「病は気から」と言いますが「錦鯉の病気は水質から」と言っても過言ではありません。
今日我々は現代的な様々な分析器具を用いて池の水の化学的構成要素について広範な知識を得ることが出来ます。

現在では水の総硬度(GH)だけでなく、炭酸塩硬度(KH)の測定も容易です。
炭酸塩硬度の存在によってその水の中に重炭酸イオン(HCO3-)が存在していることも確認出来ます。
※炭酸塩硬度・・・pH安定に優れた効力を発揮するものです。
これについては何れかの機会に説明いたします。

またコンダクタンス(導電率)は、水に含まれる塩分などの不純物をマイクロジーメンス(μS)という単位により正確に知ることが出来ます。
そして二酸化炭素(CO2)やpH・アンモニア・硝酸塩・リン酸塩などについても測定が可能です。
さらに現在では鉄や銅、マンガンなどの元素ですら簡単かつ正確に測定することが出来るようになっています。

つまり今日の錦鯉飼育者には、池の水を維持するために整理、あるいは利用することができる重要な様々な化学的物質の値が手に入るということです。
カリウム、硫黄、ナトリウムのような水槽にとって重要ないくつかの物質については、池の水での働きなどについての情報が研究者によって全て明らかにされているわけではないですが、錦鯉を池で健康に成長させるための水を作ることは現在までの研究によって以前よりもずっと 簡単になっています。

鯉は新陳代謝が鈍いのでカリウムが効果的であるとか
カルシウム・マンガン・鉄分・カリウムは成長&色艶アップに効果的であるなどの研究がされています。
ミネラルプラスにはこれらの研究資料をもとに40種類のミネラルがうまく配合されているのです。
もちろんこれに私がアレンジした「特殊微量元素」も追加して配合しています。
ですから世界中の錦鯉愛好家から好結果、高評価を受けています。
※血液の流れを促進する製品ヘルシーアップやヘルシーアップ ストロングを必ず併用してください。
確実に効果が出てきます。

 

『表皮は生きています。』
その表皮の上に粘膜があります。
粘液細胞は点在していて人間の汗腺と同じです。
粘液は粘液細胞から常に出していますしストレスがたまると粘液を余計に出すことにより体力も消耗します。
エラはむき出しだから無防備である。
人間の体には扁桃腺、リンパ腺など各所に関所があります。
錦鯉のエラはバイ菌と24時間戦っているのです。
水質を常に良好にしましょう!
汚染された水の中で錦鯉は無防備なエラで重要な呼吸をさせないでください!

『錦鯉の肌が充血するのは?』
血管が拡張しているからです。
緊急事態であるので酸素とミネラルを各細胞に大量に供給するためです。
例えば人間の目の充血などもそうです。
ですから「ミネラルは非常に大事で血液の流れを促進する製品ヘルシーアップやヘルシーアップ ストロング」を
毎日補給してあげる事は健康を維持するために大事な事です。

English Summary
動画を見る