NEWS&TOPICS

2018.12.21
RGBとCMYKについて

オランダ2

先日デザイナーの友人と会話しているときにカラー印刷の話題になりました。
この時「光の3原色」と「色の3原色」の違いについて友人は話してくれました。
光の3原色と言えばRed=赤、Green=緑、Blue=青の三つの原色の事を言い通称「RGB」と言われています。
一方色の3原色はCyan=シアン、Magenta=マゼンタ、Yellow=イエローの三色、そしてKey plate=キープレート(≒黒、墨)
皆さんが使用されているカラージェットプリンターのインクは、シアン・マゼンダ・イエローそして黒ですよね?
そして「墨」について錦鯉の色の話をしましたら

友人曰く「紅色には、赤色に多少の墨を混ぜるときれいな紅になるよ!」と説明をしてくれました。
この件については私も詳しくないのでこれ以上の説明は省きます。

しかしKey plate=キープレート(≒黒、墨)と書いたように印刷業界人はキープレートを「墨」と呼ぶ人もおられるようです。
墨で思い出したのが「紅が厚い」
「墨の上に紅が乗ると非常にきれいな渋みのある紅になると。」とある生産者から聞いた話でした。
魚類の真皮には「黒色素胞」と言われる細胞質内にメラニン顆粒を多数含んだものがあります。

私も熱帯魚や海水魚で経験があるのですが、急激な水質変化や水槽を叩くなどの恐怖により一瞬で黒色に変化するのです。
例を言えば真っ青な「コバルトブルー」と言う海水魚が一瞬で「真っ黒」に体色変化するのです。

人間でも恐怖や脅威を感じると「顔が青ざめる」と言う表現をします。
余談ですけど人間の場合は、説によると大昔大型動物に接したらとにかく逃げる為に足や腕に血液が回るからと言われています。

さて錦鯉の場合この黒色素胞が関与して「紅が厚い」のか?
私には分かりません。
しかしある仮説を立ててみました。

もし「鱗が厚く赤い色素細胞と黒い色素細胞が混在していれば?」
友人が言うように「墨の上に紅が乗ると非常にきれいな渋みのある紅になると。」
この仮説はあってるのかもしれない。
もしかしたら「覆鱗」が関与しているのかもしれません。
今回は意味不明の文章になりましたが、色々と突き詰めていきたいと思います。

最後に「ミネラルプラスを使用すると墨が出やすい」とか「深みのある紅になった」
そして「何より艶が出てきて色がきれいに見える」などのお話を聞いていますので
「ミネラルが色素細胞にも寄与しているのは間違いありません」

English Summary
動画を見る